無料添削講座(世界史) | ReNET

東京大学受験総合サイトReNET。参考書評定、東大生書き下ろしコラム、受験対策問題演習、東大おもしろ裏情報など勉強、進路、大学生活に関する豊富なコンテンツを用意しています。添削等を除き、当サイトの利用は全て無料です!東大受験総合ポータルサイト





ReNET | 東大受験総合ポータルサイト
updated 2012-08-23



今回の無料添削講座は
「19世紀・20世紀の世界史」
です。

皆さん投稿ありがとうございました!
皆さんから送られてきた解答例をもとに、より良い解答作成法を講義していきます。

まだ問題を解いたことのない人は、先に自分で解いてみてから、解説を読んでください!


問題

「世界恐慌に対し、イギリスとドイツはどのように乗り切ろうとしたか。合わせて90字以内で説明せよ。」

これは、イギリスが世界恐慌を乗り切る方法と、ドイツが世界恐慌を乗り切る方法を、説明するという問題である。
二つの国について説明する以上、両者を比較可能な形で説明するのがベストであろう。
各々45字程度で説明すればよい。

では答案例を見ながら解説していこう。


イギリスは連邦内でブロック経済を作ることで、域内での(※不要)経済活動(※不要)の活性化を狙った。一方ドイツは大きな領土を持っておらず、ヒトラー主導で、ブロック経済を作るべく(※不要)侵略活動を行った。



まず、イギリス・ドイツを対照的に説明できており、その内容も「ブロック経済」と「侵略活動」と要点を押さえられている。
最低限のことはできている答案である。

しかし、情報量があまりに少ない。切れるところはどんどん切って、情報を足していく練習を積む必要があるだろう。

例えばブロック経済では「フランス同様」「特恵関税」、侵略活動では「イタリア同様」「全体主義」あたりは入れられるだろう。


過去の無料添削講座

世界史no.1
世界史no.2
世界史no.3
世界史no.4