How to Enjoy 駒場祭(1/2) | ReNET

東京大学受験総合サイトReNET。参考書評定、東大生書き下ろしコラム、受験対策問題演習、東大おもしろ裏情報など勉強、進路、大学生活に関する豊富なコンテンツを用意しています。添削等を除き、当サイトの利用は全て無料です!東大受験総合ポータルサイト





ReNET | 東大受験総合ポータルサイト
updated 2012-08-23

HOME > 過去の特集 > 駒場祭2011 > How to Enjoy 駒場祭(1/2) | ReNET

komabasai.png

2011年11月16日
1/2ページ

 今回の特集は、読者投稿でも質問にあった駒場祭についてです!

 今月の25日から27日に開かれますね。
「受験前に東大を感じておくために!」「東大ってどんなところ?」ということで駒場祭を見に来る人が多いでしょう。
 そんな人たちのために、この特集では駒場祭の楽しみ方を紹介していきます!

駒場の「若さ」

 皆さんご存じだと思いますが、東大は、1・2年生に使うキャンパスが駒場に、多くの3・4年生が使うキャンパスが本郷にあります。
 春に行われる五月祭というのが本郷で開かれ、今月ある駒場祭は駒場で開かれます。
 皆さんが行く駒場のキャンパスは、1・2年生が使っているキャンパスです。なので、すでに本郷に進学している筆者が駒場祭で感じるの、なんといっても「若さ」ですね(笑)。
 もちろん大学生ですから皆さんと比べたら、年上の人たちが運営しています。
 しかし本郷の方が、専門の勉強が始まるということもあり、赤門をはじめとする歴史ある建物からはアカデミックな重厚さが感じられます。それに比べると、建物が新しく、まだまだ専門が始まっていない未知の未来を持つ1・2年生が生活する駒場キャンパスは、やはり若やいだ楽しさがあります。

 駒場東大前駅につくと、すぐ目の前に正門が現れます。ここでまず駒場祭案内のパンフレットをもらいましょう。そして中に入ると、まず多くの模擬店が目に入ります。おもに1・2年生が模擬店はクラスやサークルが運営し、毎年活気高く楽しく客引き合戦が繰り広げられています。
 「東大生も若いね」なんて斜に構えつつ、エネルギッシュな空気を楽しんでください。

おすすめ

 お勧めの店は、五月祭で人気ナンバーワンに輝いた文三12組が出店するごま団子屋さん。
 そして料理サークルl’asietteが出しているお店ですね。ここは料理サークルだけあって段違いに本格派、そして安い。今年は何が食べられるか知りませんが、ちょっとのぞいてみては。
 今年は「こまっけろのすいーつ」と題してスイーツ同好会と料理愛好会がスイーツ勝負も行っているようです。甘いものが大好きな女の子もすいーつ男子も、銀杏並木Cを通る際は是非。

 若いと言えば、駒場キャンパス入って右奥で行われている、「文三劇場」もお勧めです。文三劇場では、おもにクラスを中心として作られた劇団がお芝居を行っています。数ヶ月間のガチ稽古で作られたお芝居なので、なかなかに見物です。
 特に27日の11時半から行われるお芝居は、演劇サークルに所属している経験者が行っているので、期待値は高そうです。

 屋内の出し物も見てみましょう。

 多目的教室4では、26日と27日の14時から17時まで、「模擬裁判」が行われます。今年は児童虐待をテーマに据えた裁判の実演です。
 脚本からキャストまですべて学生が作り上げており、毎年熱い思いが伝わってきます。法学部進学を考えているような受験生は、きっと興味引かれることでしょう。
 文化祭といえばマジック、となんだか勝手なイメージが筆者にはありますが、東大奇術愛好会もマジックショーを開催しています。毎日14時から15時20分まで、80分のマジックショーが見られます。場所は7号館の743教室です。
 時事問題ということでは、26日10時から11号館の1101で行われる国際問題研究会の「福島原発事故を問う!」、多目的教室でTHINKFORJAPANが展示している「震災を問う」があります。もしかすると今年の入試に狙われているかもしれない問題について、ここで知識を深めておくのも良いでしょう。
 その他にもアカペラのLaVoceや吹奏楽のブラスアカデミーなど、音楽系サークルの公演も見所です。



>>次ページ


milk_btn_pagetop.png

milk_btn_prev.png

|1|2|

milk_btn_next.png