参考書特集2 | ReNET

東京大学受験総合サイトReNET。参考書評定、東大生書き下ろしコラム、受験対策問題演習、東大おもしろ裏情報など勉強、進路、大学生活に関する豊富なコンテンツを用意しています。添削等を除き、当サイトの利用は全て無料です!東大受験総合ポータルサイト





ReNET | 東大受験総合ポータルサイト
updated 2012-08-23

tokusyu0901_new.png

2011年9月1日
2/3ページ

国語

では次に、国語を見ていきます。
 国語の中でも、現代文・古文・漢文は別個に勉強する必要があるので、それぞれ見ていきましょう。

 まずは現代文。現代文の「最低限必要な知識」というものは、基本的に受験生は最初から身についています。これには語彙や漢字、概念理解が当てはまりますが、もしこれらが著しく苦手な場合は改めて身につける必要があります。語彙や概念理解では『 ことばはちからダ! 』や『 現代文キーワード読解 』をやるといいでしょう。前者は少ないキーワードを深く、後者は多くのキーワードを背景知識も絡めながら丁寧に説明しています。

 次に読解において、どのように文章を読めば論理的に理解できるのかという方法論を確立する必要があります。現代文の場合、そういった勉強をする前から現代文で高得点をとれると言う人もいますから、その場合は参考として勉強してみても良いし、ここは飛ばしてしまってもかまいません。
 方法論は、参考書を書かれている講師によって大きく違います。自分に合った参考書とやり方を探していくのが重要でしょう。有名な講師では、『 出口のシステム現代文 』の出口先生は文章を大きな視点でとらえようとする特徴があり、『 現代文読解力の開発講座 』の霜先生は行間の意味を読み取ろうとする傾向があります。河合塾系の『 現代文と格闘する 』や、船口先生の『 現代文〈読〉と〈解〉のストラテジー 』も良いです。これらの方法論を、難易度が3以下の易しめの「問題集」と並行して身につけていくと効果的です。できればその方法論に沿った解説をしている参考書を使った方がつながり良いので、出口先生なら『 出口の現代文レベル別問題集 』を使うと良いでしょう。他には『 現代文のトレーニング 』もお薦めです。『 入試現代文へのアクセス-五訂版- (河合塾SERIES) 』は方法論と問題集がセットとなっているので、これ一冊で済ませることができます。以上のことを、夏の東大模試までに終わらせておきたいところですね。

 夏以降は、どの程度の実力がついたのかを東大レベルの問題で試していきます。『 得点奪取現代文 』などがお薦めです。



 次に古文。まずは単語力と文法力、余力があれば古文常識を身につける必要があります。単語帳では単語・意味型の『 マドンナ古文単語 』や、単語・意味・長文型の『 読み解き古文単語 』、語呂で覚えたければ『 古文単語ゴロ565 』があります。古文常識では、『』などを。文法では『 マドンナ古文 』、『 富井の古文読解をはじめからていねいに 』、『 望月古典文法講義の実況中継 』などがあります。学校で使っている教科書でも充分だとは思いますが、気合を入れるために参考書を買いたいと言う人は、上記の二冊をお薦めしておきます。これらを高校2年から高校3年の夏休みまでには終わらせたいですね。

 「最低限の知識」が身についたら、読解の方法論を身につけていきます。名著と言われる関口先生の『 古文解釈の方法 』がやはり高い評価を得ていますね。『 富井の古文読解をはじめからていねいに 』から進んだ人は『』を使っても良いでしょう。古文読解の方法論は、講師によってそれほど差異があるわけではないので、そこまで悩んで決める必要もないでしょう。『 読解古典文法―解法ルール36 』も良いです。

 これらで方法論を学びつつ、『 30日完成古文 』『 古文上達 』など易しめの問題集で読解の練習を進め、夏の東大実戦に進みたいですね。

 そして方法論が身についたら、次は難しい問題で実戦練習。『 最強の古文 』『 得点奪取古文 』『 読解古文問題集 』などをがんがん解いていき、古文を得点源にしてしまいましょう。

 最後に漢文。漢文ですが、もう東大受験生にとっては王道と言われる勉強法がほぼ決まっています。

 漢文は「最低限必要な知識」が少なく、かつ読解が方法論などと言うものを考えなくても比較的容易にできてしまいます。そのため、夏までに『 早覚え速答法 』で下準備をし、そのあと問題練習を行えば、漢文に関しては特に問題ないと言われています。

 「問題演習」では、古文と同様『 30日完成 』が手ごろであり、他には『 得点奪取漢文 』『 漢文道場 』『 難関大突破新漢文問題集 』などをやっておくと良いでしょう。

 早い段階で得点を取れるようにし、他の科目の勉強に移れるようにしましょう。




>>次ページ 数学

milk_btn_pagetop.png

milk_btn_prev.png

|1|2|3|

milk_btn_next.png